過去の記事、「処理速度が速いレンタルサーバーへ移行したい!移行前のサイトの状況記録。」の続き。

どこが一番速いサーバーなのかを2週間ほど調べて、候補に挙がったのが下記3サイト。

候補1 X SERVERのwpX Speed

安定のサポート・レンタルサーバー老舗の安心感

プラン価格WEBサーバーディスクスペース(SSD)転送量目安WordPress簡単移行
W12円/時
上限1,200円(税込1,320円)
nginx200GB2.5TB/月

取引先がよく使っているという点と、ずっと昔からある老舗サーバーである安心感から、最初に名前があがったのはX SERVER。
プランは2019年9月24日に提供が開始されたばかりの「wpX Speed」。
2019年9月24日まで提供されていたwpX レンタルサーバー、及び、wpXクラウドの評価がそこそこ良かったため、期待値も高い。

候補2 ConoHa WING ベーシック。

同一サーバー内の他者からの負荷に影響が無いリザーブドプラン。

プラン価格WEBサーバーディスクスペース(SSD)転送量目安WordPress簡単移行
リザーブドプラン2.5円/時
上限1,500円(税込1,650円)
Apache + nginx200GB2.5TB/月

次に、kusanagiが使えるConoHaのVPS。
ただ、VPSは使用経験が無く、調べる時間の確保ができないとのことで、ConoHa WINGのベーシックが候補になる。
また、共有サーバーではよくある、同一サーバーにいる他者がかけるCPUの負荷によって不安定になることを避けたいということで「リザーブド」の1GBになる。
CPU・メモリなどのリソースが1契約毎に割り当てられており、常に環境が安定するとのことだ。

現在さくらのレンタルサーバーで344.20MBを使用中らしく、将来的に容量が不足したら2GBや10GBのプランへ変更になるだろう。

このサービスがGMOで開始されたのは2013年。
独自にチューニングしたコンテンツキャッシュ機能、LiteSpeed LSAPIにより超高速化ってのが大変気になる。

候補3 mixhostのスタンダード。

ネット上には乗り換えたユーザーが多い印象。

プラン価格WEBサーバーディスクスペース(SSD)転送量目安WordPress簡単移行
スタンダード月額968円LiteSpeed 5.x.x150GB2TB/月

3社目は、mixhost。
mixhostについては、速いと言ってる方が非常に多い印象。
あえて、気になる点を言うと、設立が2016年とサーバーサービスの中では歴史が浅い。
また、mixhostって名前は聞いたことがあるが、何故か良い印象がなかった。
どうも、2017年2月にwp-config.phpの中が見れてしまう時期があったようですね。
すでに対策済みで再発防止策も取られているようです。
3年も前のことですし、その後は悪い話を聞かないんで、そこまで大きく問題視しなくていいかなと。

悩んだ結果

新たなレンタルサーバーはConoHa WINGに決定。

いろいろ悩んだ結果、移行先は、ConoHa WINGリザーブドプランになりました。
決め手は、「収容ホストの負荷が上昇しても、パフォーマンスが変動せずに安定稼動できるプランです。 レンタルサーバーの手軽さはそのままで、CPU・メモリなどのリソースが1契約毎に割り当てられているため、 他のユーザーの利用状況に影響されず常に安定した環境をお使いいただけます。」というリザーブドプランでした。

こういった同様のサービスがmixhostにも用意があれば、mixhostに決まっていたようです。

  1. 処理速度が速いレンタルサーバーへ移行したい!移行前のサイトの状況記録。
  2. ConoHa WINGのリザーブドプランに申し込む。
  3. ConoHaのWordPressかんたん移行は本当に簡単か?